menu

cart contact
お知らせ2022年11月01日

「静岡新聞」でcrea village(クレアヴィレッジ)の取り組みが掲載されました

藤枝産オリーブ 地域振興に一役
クレアファーム、農園レストランで食材発信

 オリーブなど静岡県産食材の加工品を製造販売するクレアファーム(静岡市葵区)は、藤枝市のオリーブ農園を拠点に、食と農、観光を組み合わせた地域活性化事業を本格化させる。10月中旬に同農園内に、地域食材を味わえる同社初のカフェレストランをオープン。地域の生産者や住民と連携して農業や料理の体験イベントを展開し、県内外からの交流促進と地域農業振興の両立を図る。

 新施設「クレアビレッジ」を同市仮宿の農園内に開設し、自社農園産のオリーブオイルやハーブ、地場産品を使った料理を提供する。庭にテラス席を配し、収穫した食材を持ち込んで調理できるように専用の洗い場も設置した。農機具小屋を改修した交流スペースも併設するなど、農村地域の素朴な雰囲気を生かした。
 29日から週末限定で、オリーブの収穫体験付きのランチプランを予約制で始めた。11月以降は料理教室や食材の勉強会、健康増進の体験イベントを展開し、週末に地元農産物などの販売市を定期開催する。収穫作業や自然体験を組み合わせたツアー企画も関係業者と連携して提案し、農業や環境に関心を持つ首都圏の消費者や訪日外国人観光客にも訴求を図る。
 同社は2017年から同市の約4ヘクタールの農園でオリーブ約2千本を栽培する。大規模オリーブ農園での交流拠点設置は全国的にも珍しいという。西村やす子社長は「住民、生産者との関係を大切にしながら、オリーブを軸に地域の食材や産業、文化の魅力を広く発信できる拠点に育てていく」と意気込む。

記事詳細はこちら